home

[ Recommend ]
『本の網  吉阪隆正蔵書公開』

本はその連関により読者にある思考をもたらします。
であるならば、個人が所有する本の集積=蔵書は、その人の一部であると言えるかもしれません。
吉阪隆正は建築家として活動する一方、登山家、雪氷研究家、教育者など様々な顔をもつ人物で
した。そして、膨大な思考をそれら領域の中で行いました。その思考を支えた、本達の連関を垣
間見ること、本企画展の意図はここにあります。
本企画展では吉阪隆正が所有した蔵書の一部をTea Lounge AGORA内に公開します。吉阪隆正と
ゆかりのあるこの喫茶空間の中で、コーヒーを飲みながら本を片手に、新たな思考が生まれるこ
とを期待します。
なお、Tea Lounge AGORAは、2012年7月9日に閉店となり、所謂book cafeに取って代わられ
るそうです。

会場:東京都港区芝5-26-20建築会館1F
期間:2012年6月1日〜7月9日(月〜金、10:30〜17:00※)
主催:Tea Lounge AGORA
企画:稀会  会場構成:PEA…

注)企画展「本の網 吉阪隆正蔵書公開」は諸事情によりその展示を縮小せざるを得ない状況となりました。
日時により公開できる蔵書が限定されることがあります。誠に申し訳ございません。

注)以下の日程では終了時間が異なりますのでご注意下さい。
6/14(木)14:30まで
6/19(火)15:00まで
6/28(木)13:00まで


[ Garalley ]

会場設営(Tea Lounge AGORA)2012年5月31日

コメントは受け付けていません。