CUT 04 校庭の中心に一本の木を植える

本企画は、とある小学校の校庭の中心に木を植ようとした、
一人の校長の想いから始まる。なぜ校長は、あえて邪魔となる場所に木を植えようと考えたのか?
CUT04は、校長の想いを書き留めたエッセイ、その想いの真価を検証したワークショップ、独特な小学校建築を設計してきた象設計集団へのインタビューを通じて、校庭の真ん中の木
=「邪魔者」から展開される子ども達の発想力について探る。
(編集人 川上遊亀)

税別¥200円
購入希望の方はこちら

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>